HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第9号 >

自閉症スペクトラム障害のある児童への造形活動の実践⑸ : ちまちまからダイナミック、固執から創造へ

Files in This Item:
63_1882-1707_9.pdf2.04 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rcccd.9.63

Title: 自閉症スペクトラム障害のある児童への造形活動の実践⑸ : ちまちまからダイナミック、固執から創造へ
Other Titles: A Practical Activity of Formative Art to Children with Autism Spectrum Disorder : From Small and Local to Dynamic, and From Perseveration to Creation
Authors: 安田, 悟1 Browse this author
岡田, 智2 Browse this author →KAKEN DB
風間, 晴香3 Browse this author
Authors(alt): Yasuda, Satoru1
Okada, Satoshi2
Kazama, Haruka3
Keywords: 自閉症スペクトラム障害
造形活動
障害特性に応じた配慮
創造性
Issue Date: 15-Mar-2017
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Volume: 9
Start Page: 63
End Page: 79
Abstract: 筆者らは、2008年から2011年まで「造形と遊びのサマースクール」を自閉症スペクトラム障害(ASD)のある子どもたちに実施し、社会性や想像性、微細運動、こだわりやすさなどの困難がある子どもでも楽しめ、個の持ち味が存分に発揮でき、さらに共同性と創造性を持てる活動について検討してきた。造形プログラムは、ASD の障害特性に応じた配慮を織り交ぜながら、造形活動を個やペアから小グループ、そして全体活動での表現といった流れで展開してきた。つまり、〝ちまちま"から〝ダイナミック"へと活動が展開されるように意図したものである。2016年度には5年ぶりに造形活動の実践を北海道大学教 育学研究院附属子ども発達臨床研究センターで実施することになった。本稿は、第5回目となる造形と遊びのサマースクールの試みを報告したものである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65014
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第9号

Export metadata:


 

Feedback - Hokkaido University