HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of International Media, Communication and Tourism Studies / Research Faculty of Media and Communication >
メディア・コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies >
72 >

L’évolution de l’artisanat aïnou en art primitif moderne : transferts et appropriations culturelles (1ère partie)

Files in This Item:
MC72-1_Clercq.pdf1.9 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73286

Title: L’évolution de l’artisanat aïnou en art primitif moderne : transferts et appropriations culturelles (1ère partie)
Other Titles: 現代先住民芸術におけるアイヌの手工業の変遷 : 文化の移転と適応
Authors: Clercq, Lucien Browse this author →KAKEN DB
Keywords: Aïnous
Appropriation culturelle
Art primitif
Fujito Takeki
Hybridation culturelle
Sunazawa Bikky
アイヌ
文化の適応
先住民芸術
藤戸竹喜
文化のハイブリディティ
砂沢ビッキ
Issue Date: 20-Mar-2019
Publisher: 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院
Journal Title: メディア・コミュニケーション研究
Journal Title(alt): Media and Communication Studies
Volume: 72
Start Page: 1
End Page: 23
Abstract: 1952年から1990年にかけて日本が高度の経済成長を遂げていく中、極度の貧困状態にあったアイヌもまた、エスノツーリズムや独自の社会文化的表現を用いた手工業などを通じ、その恩恵に与ろうとした。観光コタンにおける新しい形態の観光は、アイヌのなかに中流階級を出現させ、その直接行動主義の土台を強化しながら、北海道特有の民族的アイデンティティを中心になされた先住民文化の再評価と、そうした文化的特徴を備えた特産品の売行きに支えられて発展を遂げていった。現代におけるアイヌ文化のフォークロリズム化の過程を分析すれば、金もうけ主義といまだ根強く行われているアイデンティティの表明とが、コミュニティー外の大衆に向けられた製作品のうちでどう絡み合っているのかが見て取れる。アイヌの手工業は、長い商売の歴史と不可分であり、19世紀の初頭より既に漁労や狩猟で得られた産物の販売と併せて行われていた。アイヌの手工業はその頃から徐々に北海道観光全体を補完する重要な要素へと変貌していったのである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73286
Appears in Collections:メディア・コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies > 72

Submitter: Lucien Clercq

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University