HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
27号 >

見えざる王冠 : ノルウェーにおける新型コロナウイルスをめぐるパブリック・コミュニケーション

Files in This Item:
JJSC27-d_yoshizawa.pdf1.01 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/93254

Title: 見えざる王冠 : ノルウェーにおける新型コロナウイルスをめぐるパブリック・コミュニケーション
Other Titles: Invisible Crowns : Public Communication on the Novel Coronavirus in Norway
Authors: 吉澤, 剛1 Browse this author
Authors(alt): Yoshizawa, Go1
Keywords: 新型コロナウイルス感染症
ノルウェー
クライシス・コミュニケーション
知的な素人
社会的公正
Issue Date: Apr-2020
Publisher: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 27
Start Page: 33
End Page: 39
Abstract: ノルウェーにおける新型コロナウイルスの感染拡大は4 月上旬にコントロール下に入ったとされ,社会的機能を少しずつ再開していく方針が発表された.政府の危機対策管理は分散的な構造となっており,省庁間の調整支援機関が機能を発揮している.ノルウェー公衆衛生研究所(NIPH)では,多様な市民に対するわかりやすい情報やアドバイスのほか,最新の学術研究の見取り図も提供するなど,俯瞰的で包括的な活動を展開する.ノルウェーの専門機関は,過去の危機において市民とのコミュニケーションにたびたび失敗しているものの,政府や専門家に対する市民の信頼は篤く,情報を通じて伝えられる専門家の知的謙虚さや個人的感情をもとに冷静に判断を下しているとみられる.この冷静さはコロナ以後における新たな日常の「奇妙さ」と対峙し,それを保持していく鍵でもある.
At the beginning of April, the Norwegian government announced that the coronavirus outbreak is to be under control and social functions will be gradually resumed. The governmental structure for crisis preparedness and management is fragmented but some administrative coordinating and support functions work well in Norway. Norwegian Institute of Public Health (NIPH) currently provides readable advice and information about the novel coronavirus disease, including a systematic map on the disease evidence and rapid reviews of latest academic articles. Norwegian authorities maintain a high degree of public trust though they have failed to perform effective public communication at times. Citizens seem to make a cool-headed decision based on experts’ intellectual humility and personal emotion in their delivery of information. The cool-headedness would be a key to face and keep the new normal ‘strangeness’ in the midst of and after the coronavirus crisis.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/77730
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 27号

Submitter: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University