HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Law >
知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal >
vol.57 >

ゲームのシステムに関する特許発明に対して前作のゲームソフトを併用しない限り前作に登場するキャラクターをプレイできない新作ゲームソフトの製造販売が「にのみ」型間接侵害に該当するかということが争われた事例 : システム作動方法事件

Files in This Item:
57_05-判例_朱.pdf1.45 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/79640

Title: ゲームのシステムに関する特許発明に対して前作のゲームソフトを併用しない限り前作に登場するキャラクターをプレイできない新作ゲームソフトの製造販売が「にのみ」型間接侵害に該当するかということが争われた事例 : システム作動方法事件
Authors: 朱, 子音 Browse this author
Issue Date: Oct-2020
Publisher: 北海道大学情報法政策学研究センター
Journal Title: 知的財産法政策学研究
Journal Title(alt): Intellectual property law and policy journal
Volume: 57
Start Page: 189
End Page: 274
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/79640
Appears in Collections:知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal > vol.57

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University