HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >

Usage Statistics (All Language)


Most Used Items Text Language:
     

Most Used Items2021-3

Ranking Item Title Downloads
1 [Dataset]Data for Nishioka et al., PNAS,_2020_Sub-polar marginal seas fuel the North Pacific through the intermediate water at the termination of the global ocean circulation doi.org/10.1073/pnas.2000658117 713
2 刑事判例研究 606
3 第7回 質的研究方法論 : 質的データを科学的に分析するために 518
4 現代中国における「司法」の構造 (1) : 厳打:なぜ刑事裁判が道具となるのか 495
5 講義のーと : データ解析のための統計モデリング 457
6 卒論・修論の書き方(理系編) : 文章を組み立てる 418
7 外来種はなぜ問題なのか? : 人と動物の関係からみる外来種問題 399
8 現代中国における「司法」の構造(7・完)  厳打:なぜ刑事裁判が道具となるのか? 389
9 イングランドおよびウェールズにおける刑事上訴制度・救済制度(1) 388
10 書き方のポイント : 論文・レポートの執筆へ向けて 386
11 認知機能にアンバランスを抱えるこどもの「生きづらさ」と教育 : WISC-Ⅳで高い一般知的能力指標を示す知的ギフティッド群 377
12 芸娼妓契約 -性産業における「信じられるコミットメント (credible commitments)」 351
13 裁判員制度と刑事司法に対する弁護士の意識 319
14 書き方のポイント : 論文・レポートを書く前に 318
15 刑事判例研究 295
16 刑事判例研究 277
17 裁判員制度と刑事司法に対する人々の意識 262
18 「~ようにする」の意味特徴 : 「~ようになる」「~に/くする」との比較から 261
19 現代中国における「司法」の構造(6) 厳打:なぜ刑事裁判が道具となるのか? 260
20 卒論・修論の発表 : 学会発表とこんなに違う 231
21 少年犯罪に対する刑事政策の総体的整備 222
22 現代中国における「司法」の構造 (4) : 厳打:なぜ刑事裁判が道具となるのか 219
23 現代中国における「司法」の構造 (3) : 厳打:なぜ刑事裁判が道具となるのか 213
24 論文・レポートの書き方② ~パラグラフと図・表~ 209
25 局所麻酔薬アレルギーが疑われ 北海道大学病院歯科麻酔科外来を受診した症例の検討 : 当院における20年前の検討報告との比較 207
26 刑事手続とデュー・プロセス:アメリカにおける判例の展開を中心に 205
27 宮沢賢治「永訣の朝」におけるいくつかの疑問点について : 教材化のための作品研究の試み 191
28 恋愛行動と恋愛心理の多様性に関する比較社会生態学的検討 : 社会環境要因と個人要因の交互作用効果 190
29 刑事判例研究 182
30 刑事判例研究 178
31 刑事判例研究 172
  刑事判例にみる注意義務の負担主体としての法人 172
32 現代中国における「司法」の構造 (5) : 厳打:なぜ刑事裁判が道具となるのか 160
33 胎動と新生児の活動能力 156
34 必要性・有効性・効率性の原則に関する経済学的考察 152
35 研究の始め方① ~テーマの具体化~ 151
36 総括. 法の下の平等と刑事規制に関する日仏比較 146
37 ロシア農奴解放期における日曜学校運動と初等教育政策(1859年~1862年) 136
  明治・大正・昭和戦前期日本の身長推移 : 生活水準向上の指標としての身長データの有用性 136
38 Mass production of graphene oxide from expanded graphite 130
39 Liest sich der Satz komisch? 128
40 ノーベル賞とiPS細胞 : 再生医療研究の現状 126
41 Study on Monitoring System for Forest Fires Based on Wireless Sensor Networks 125
42 第14回数学総合若手研究集会 : 数学の交叉点 124
  占領期におけるメディア・イベントの言論管理機能に関する一考察 : 「新日本観光地百選」の新聞報道を中心に 124
43 午後の講座 : オープンアクセスとハゲタカジャーナル 121
44 近代化された身体 : 芥川龍之介「お富の貞操」について 119
45 周辺の遊覧地形成ならびに乗合自動車事業の開発が有馬温泉地域に及ぼした影響についての研究 118
46 カボチャの組織とデンプン粒 116
47 「のに」・「ながら」・「ものの」・「けれども」の使い分けについて 115

 

Hokkaido University