HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >

Usage Statistics (All Language)


Most Used Items Text Language:
     

Most Used Items2019-7

Ranking Item Title Downloads
1 第7回 質的研究方法論 : 質的データを科学的に分析するために 2,741
2 講義のーと : データ解析のための統計モデリング 1,116
3 認知機能にアンバランスを抱えるこどもの「生きづらさ」と教育 : WISC-Ⅳで高い一般知的能力指標を示す知的ギフティッド群 1,056
4 プレゼン発表の方法① ~シンプルな構成~ 1,004
5 宮沢賢治「永訣の朝」におけるいくつかの疑問点について : 教材化のための作品研究の試み 799
6 テーマ設定のコツ : 論文・レポートを書く前に 795
7 外来種はなぜ問題なのか? : 人と動物の関係からみる外来種問題 706
8 論文・レポートの書き方② ~パラグラフと図・表~ 656
9 アメリカにおける貧困、排除、人種的・民族的マイノリティ 512
10 「~ようにする」の意味特徴 : 「~ようになる」「~に/くする」との比較から 505
11 カロテノイドの分析 486
12 「のに」・「ながら」・「ものの」・「けれども」の使い分けについて 476
13 午後の講座 : オープンアクセスとハゲタカジャーナル 465
14 卒論・修論の発表 : 学会発表とこんなに違う 458
15 国会審議の効率性と代表性 : 国会審議をどのように変えるべきか : 北大立法過程研究会報告 437
16 ネット・クチコミが消費者行動に及ぼす影響のメカニズム : 中国の旅行サービスに関する実証的研究 413
17 ゲーム理論による地球環境問題の分析 : 地球温暖化問題を中心に 412
18 2007年度 グラフ理論講義ノート 389
19 コンテンツ・ツーリズムの可能性と課題 : キャラクターやストーリーを地域で活用する際のいくつかの重要な論点 378
20 卒論・修論の書き方(理系編) : 文章を組み立てる 377
21 Na, K-ATPase の反応機構とNa, K-ATPase をターゲットとする薬物 376
22 恋愛行動と恋愛心理の多様性に関する比較社会生態学的検討 : 社会環境要因と個人要因の交互作用効果 368
23 2004年度 グラフ理論講義ノート 363
24 高齢者の自立に焦点をあてた老年看護学実習の展開 : 観察能力の強化と教育方法の検討による学生の認識の変容 361
25 ワーキングメモリ容量とは何か? : 個人差と認知パフォーマンスへの影響 359
26 終末期における看護師の患者および家族とのコミュニケーションに関する文献検討 355
27 大学生の食事摂取状況と食生活に関する行動変容段階 349
28 「から」「ので」「て」 : 日本語の原因・理由を表す表現について 347
29 研究の始め方① ~テーマの具体化~ 346
30 看護研究I : 看護文献の探し方 345
31 日本版WISC-Ⅳにおける検査行動アセスメントの意義と実践的課題 : 検査行動チェックリストの試作と事例による検討 341
32 分光測定の基礎 336
33 精神科看護における認知症高齢者のBPSDへの対応と課題 : 「問題行動」をキーワードとしたケーススタディの文献検討から 328
34 アルカリ性ホスファターゼという酵素と硬組織形成 309
35 感情と記憶 303
36 植物のサイズと成長 : 成長解析 301
37 観光革命と21世紀 : アニメ聖地巡礼型まちづくりに見るツーリズムの現代的意義と可能性 298
  瑕疵担保責任における損害賠償請求権の範囲 298
38 アニメ聖地巡礼の特徴と研究動向 : 既往研究および調査の整理を通して 295
39 アニメ聖地巡礼の誕生と展開 294
40 2005年度 情報理論講義ノート 283
41 予防概念の史的展開 : 中世・ルネサンス期のヨーロッパ社会と黒死病 282
42 日本版WPPSI-Ⅲと検査行動アセスメントが就学に向けての相談支援に有効であった事例 : 検査行動チェックリスト改訂版と就学前の子どもの認知発達評価に関して 280
43 刑罰の正当化根拠についての一考察 : コミュニケーション・改善・市民的制約 279
44 フォントの違いによるイメージの伝達効果 274
45 アニメ聖地の成立とその展開に関する研究 : アニメ作品「らき☆すた」による埼玉県鷲宮町の旅客誘致に関する一考察 273
46 論文・レポートの書き方① ~アウトラインの作成~ 272
47 嚥下障害のある患者に対する食事時の見守り 第1報 : 参加観察法を用いた実態調査 271
48 会計年度任用職員制度の課題 265
49 アイドルコンテンツをきっかけとしたツーリズムに関する一考察 261

 

Feedback - Hokkaido University