HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
創刊号 >

システム社会における生きづらさの構造

フルテキスト
MIYAZAKI.pdf359.98 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20559

タイトル: システム社会における生きづらさの構造
その他のタイトル: Structure of ill being in the Systematized Society
著者: 宮﨑, 隆志 著作を一覧する
キーワード: 社会システム
商品化
個人化
社会関係資本
協同性
発行日: 2007年 3月30日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究科附属子ども発達臨床研究センター
誌名: 子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
巻: 1
開始ページ: 39
終了ページ: 44
抄録: 「生きづらさ」に関わって以下の3つの論点を検討する。①機能的な差異が生じたときに、善意に基づ く配慮が「逸脱」を刻印するのは何故か、②現代の日常生活における「正常」を規定する論理は何か、 ③「生きづらさ」を克服しうる社会関係が備える特質は何か。 現代における商品化の進展は、商品・資本が主体となって自己展開する社会システムを成立させ、個 人はその下で分断され、引き裂かれている。その分断・分裂に耐えることが「正常」とされ、機能的な 差異を有する者への「配慮」は、自らの分裂性を隠蔽しつつなされるため、配慮する者とされる者の間 にはモノローグ的関係が生ずる。 両者が共に生きづらさを対象化するには、協同性の発展を内実とする社会関係資本の形成が必要であ り、そのような関係の下でのみ自己内対話は対話的なものとなり、新たな主体の形成が可能となる。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20559
出現コレクション:創刊号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学