HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
創刊号 >

子どもたちの「生きづらさ」を考える : 児童精神医学の視点から

フルテキスト
TANAKA.pdf463.93 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20563

タイトル: 子どもたちの「生きづらさ」を考える : 児童精神医学の視点から
その他のタイトル: Pain of living and value of living: Through the position of child psychiatrist
著者: 田中, 康雄 著作を一覧する
キーワード: 生きづらさ
生きがい
平等
自由
精神医学
発行日: 2007年 3月30日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究科附属子ども発達臨床研究センター
誌名: 子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
巻: 1
開始ページ: 3
終了ページ: 10
抄録: 児童精神科医の視点から子どもたちの生きづらさについて、考察した。 生きづらさを問い続けるためには、生きるということ、さらには「豊かに生きる」ということを思索する必要がある。その意味で、生きがい感を持ちながら「生きる」ということを総括し、精神医学全体がもつ不確実性について言及した。故に近年問題視される発達障害という定義について、より熟考する必要性があることも強調した。 実際の子どもたちが抱える「生きづらさ」について提示しながら、解決に向け試みた。結果として、根源的にある、他者の意識について推量する想像力を行使することで、異質な他者を排除せず、認めあう自由を相互に手に入れることができるための「思いやり」の重要性を指摘した。 子ども発達臨床研究センターが、学際的に分野横断性と当事者性とをバランスよく持ち続け、鳥の目と蟻の目をもって、現在の社会状況に向き合える機能を持つことに期待したい。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20563
出現コレクション:創刊号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学