HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
International Education and Research Division >
日本語・国際教育研究紀要 = Journal of Japanese language and international education studies >
第22号 >

4. 社会と“つながる”日本語上級レベルのクラスデザインを検討する

Files in This Item:
JJLIES22_05_sikibu.pdf1.55 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73446

Title: 4. 社会と“つながる”日本語上級レベルのクラスデザインを検討する
Other Titles: 4. To examine the class design of society-connected advanced Japanese class
Authors: 式部, 絢子1 Browse this author
Authors(alt): Shikibu, Ayako1
Issue Date: Mar-2019
Publisher: 北海道大学高等教育推進機構国際教育研究部
Journal Title: 日本語・国際教育研究紀要
Journal Title(alt): Journal of Japanese language and international education studies
Volume: 22
Start Page: 63
End Page: 76
Abstract: 北海道大学日本語スタンダーズ(以下、スタンダーズ)は、日本人と留学生の共修科目である「多文化交流科目」が日本語コースの上に配置される。そこに到達するために、初級(1-4レベル)、中級(1-3レベル)、上級(1レベル)が設けられており、その内、中級と上級レベルは「理解」「表現」「やりとり」3つのモードに分けられている。本稿は、筆者が担当した上級レベル3科目・3モード(理解・表現・やりとり)の実践について報告するとともに、スタンダーズで目指されている「新たな社会を創るために社会的な関係性を構築するという意味での「つながる」力」(小河原2016)に注目して、この授業がどのような点において「社会とつながる」ものであったかを考察するものである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73446
Appears in Collections:日本語・国際教育研究紀要 = Journal of Japanese language and international education studies > 第22号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University