HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >

北海道大学所属の研究者や大学院生が著した学術論文、学会発表資料、教育資料等を閲覧できます。

【告知】HUSCAPでDOIを取得して公開する本学紀要等掲載文献の抄録は、令和4年10月1日以降、CC0(パブリック・ドメイン提供)で公開します
● 要旨
令和4(2022)年10月1日以降、HUSCAPでDOIを取得して公開する本学紀要等文献(以下、DOI登録文献)の抄録をCC0(パブリック・ドメイン提供)とするため、HUSCAPの規程類を改正します。
令和4年4月末日までにHUSCAPに提供・公開されたDOI登録文献の抄録も、令和4年10月1日以降にCC0で公開しますので、著作権者の方には以下の通りご確認をお願いいたします。
● 抄録の著作権者の方へ:ご確認のお願い
CC0の適用対象となる抄録について、提供にご同意いただけない場合は、令和4年9月末日までにご連絡いただけますようお願いいたします。(連絡先はこちら)
● CC0適用対象となる抄録を持つ文献
別ページの対象文献リストをご確認ください。
※CC0の適用対象となるのは、「HUSCAPでDOIを取得し、HUSCAPで公開する本学紀要等の文献の抄録」です。論文の本文やPDF、HUSCAPでDOI取得・公開する紀要以外の資料の抄録は対象ではありません。
● 規程類を改正する理由
HUSCAPでは、編集委員会等との合意のもと、本学の紀要等に掲載された文献にジャパンリンクセンター(JaLC)の提供するDOIを登録しています。JaLCは令和2(2020)年4月に規程類を改正し、すべての第三者がDOI登録文献の抄録を含むメタデータ等をその目的や営利性を問わず自由に利用できることとしました。本学としても、第三者が利用しやすい条件を適用することは特段差し支えないと判断したため、上記にあわせて規程類を改正することにしました。
なお、令和4年5月1日以降にHUSCAPに提供・公開されるDOI登録文献の抄録については、紀要の編集委員会等がCC0適用に係る権利処理を行うこととなっています。

トピック


最近登録された資料

髙橋, 大郎... [et al.] (2022) 北海道大学病院口腔ケア連携センターにおける医科歯科連携の現状について. 北海道歯学雑誌, 43: 43-48
北海道大学病院は自治体が一地方という地域特性を持つ北海道の基幹病院である.口腔ケア連携センターの活動を通して広域を担う基幹病院の医科歯科連携について調査した.医科からの紹介件数は,新型コロナウイルス感....
平野, 成美... [et al.] (2022) 下顎頭に骨変化を有する骨格性Ⅱ級患者の顎矯正手術後の咬合の安定性に対する手術時の下顎骨片移動位置の検討. 北海道歯学雑誌, 43: 36-42
骨格性Ⅱ級患者では顎矯正手術後に骨片の位置や咬合に後戻りがみられる症例が比較的多いことが報告されている.下顎頭に骨変化を有する骨格性Ⅱ級患者で外科的矯正治療を受けたものについて,顎矯正手術による骨片の....
栁澤, 瞳子... [et al.] (2022) RAW細胞の継代数が破骨細胞分化誘導系に与える影響. 北海道歯学雑誌, 43: 29-35
歯科矯正治療による歯の移動は,メカニカルストレスに対する歯周組織の反応として捉えることができる.歯周組織に矯正力が加わることにより,圧迫側では骨添加の抑制と骨吸収の促進が,牽引側では骨吸収の抑制と骨添....
義達, 理恵子... [et al.] (2022) 口腔がん細胞のシスプラチン耐性化に伴う白金系抗がん剤及び強心配糖体に対する感受性の変化. 北海道歯学雑誌, 43: 19-28
【目的】白金系抗がん剤による化学療法において耐性化が障害となるが,その機序には不明な点も多い.そこで耐性化の機構の検討を目的に,シスプラチン耐性化に伴う白金系抗がん剤及び抗がん活性を示す強心配糖体のウ....
半谷, 純一... [et al.] (2022) Mg,Ca及びZnのヒトアルカリ性ホスファターゼ活性に対する作用. 北海道歯学雑誌, 43: 9-18
ヒトには遺伝子型の異なる4 種に加えて糖鎖による修飾が異なる多数のアルカリ性ホスファターゼ(ALP)アイソザイムが存在するが,骨型ALPのピロリン酸及び小腸型ALPのピリドキサルリン酸を除いて生理的な....
中西, 徳子... [et al.] (2022) 矯正治療時における骨メカノセンサーとしての骨細胞の役割. 北海道歯学雑誌, 43: 5-8
庵, 敬... [et al.] (2022) 骨格痛における感覚神経節マクロファージの病態機能と創薬展開. 北海道歯学雑誌, 43: 2-4
Hara, Takuya... [et al.] (2022) Spin-Orbit Torque in Structures With Magnetization-Compensated MnGa/Co2MnSi Bilayer. IEEE transactions on magnetics, 58(8): 1400104
We have systematically investigated the spin-orbit torque (SOT)-induced effective magnetic field in ....
石﨑, 禎太 (2022) Studies on DNA methylation changes in canine malignant melanoma [an abstract of entire text]. 北海道大学. 博士(獣医学)
Ninpetch, Nattapong (2022) Role of metabolic and endocrine factors in an alteration of the endometrial epidermal growth factor concentration in repeat breeder dairy cows. 北海道大学. 博士(獣医学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学