HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >

北海道大学所属の研究者や大学院生が著した学術論文、学会発表資料、教育資料等を閲覧できます。

トピック


最近登録された資料

Nguyen, Thanh... [et al.] (2020) An Experimental Study of Chemical Desorption for Phosphine in Interstellar Ice. Astrophysical journal letters, 898(2): L52
Phosphine (PH3), an important molecule for the chemistry of phosphorus (P)-bearing species in the in....
南, 貴之... [et al.] (2020) 加熱、冷却による石炭試料の亀裂の発生と成長の観察. 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台), 2020. 2020年9月8日~10日, オンライン開催, 仙台
石炭の燃焼,ガス化によりUCGでは石炭層に亀裂が発生する可能性があるため,その発生と成長のメカニズムの解明は、地表の安定性評価と環境リスクの評価に非常に重要な役割を持っている。筆者らは,塊炭と粉炭を用....
藤井, 義明... [et al.] (2020) 蛇紋岩中でのトンネル掘削時に生じた大きな変状のメカニズムと変状に先だって計測された変形挙動. 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台), 2020. 2020年9月8日~10日, オンライン開催, 仙台
あるトンネルの蛇紋岩中での掘削時に切羽で大きな変状が生じた。このトンネルの、さらに重装備な支保での再掘削中に、変状のメカニズムについて検討するために蛇紋岩試料が採取され、この試料について一軸圧縮・一軸....
山本, 寛朗... [et al.] (2020) 在来工法と NATM工法で建設されたトンネルの時間依存性挙動の三次元数値解析. 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台), 2020. 2020年9月8日~10日, オンライン開催, 仙台
現在,日本の山岳トンネルの建設は主にNATMが用いられているが,在来工法が用いられたトンネルも数多く存在している。NATMは掘削部分にコンクリートを吹き付けて迅速に硬化させ,岩盤とコンクリートとを固定....
金井, 康将... [et al.] (2020) 支笏溶結凝灰岩のピークおよび残留強度の時間依存性に対する封圧の影響. 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台), 2020. 2020年9月8日~10日, オンライン開催, 仙台
時間依存性に対する封圧の影響は岩盤構造物の時間依存性を考慮した解析に必要である。既往の研究で は、ピーク強度について封圧と共に時間依存性が小さくなるという結果も得られているが、封圧の影響が明らかにな....
歌代, 佳祐... [et al.] (2020) 凍結融解作用を受ける支笏溶結凝灰岩の損傷に与える冷却速度の影響. 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台), 2020. 2020年9月8日~10日, オンライン開催, 仙台
寒冷地の岩盤表面では,しばしば凍結融解作用によって劣化が引き起こされる。そのため,岩盤斜面の長期安定性を評価するには,凍結融解による岩石の損傷の進行を把握することが重要である。本研究では,含水飽和状態....
上野, 大輔... [et al.] (2013) ススキハダカ(条鰭綱ハダカイワシ目ハダカイワシ科)漂着個体から得られた琉球列島初記録のメドゥーサノカンザシ(新称)Cardiodectes medusaeus(Wilson, 1908)(カイアシ亜綱管口目ペンネラ科). 沖縄生物学会誌, 51: 67-72
The mesoparasitic copepod, Cardiodectes medusaeus (Wilson, 1908)(Siphonostomatoida: Pennellidae) is ....
辻村, 祐香... [et al.] (2020) サージカルマスク着用の有無による笑顔度の比較. 看護総合科学研究会誌, 19(2): 3-9
本研究の目的は,サージカルマスクの着用の有無による笑顔度の相違を異なる笑顔度において調査することであった。対象者はA大学の日本人看護学生75名であった。対象者は,同一人物の10種類の顔写真を見て,笑顔....
Yasuda, Tomohiro... [et al.] (2018) Reverse water gas shift reaction using supported ionic liquid phase catalysts. Applied Catalysis B-environmental, 232: 299-305
The reverse water gas shift reaction (RWGSR) using a supported ionic liquid-phase (SILP) catalyst co....
吉田, 祐子... [et al.] (2020) 看護技術書における皮下注射前の皮膚消毒の必要性に関する記載内容の検討. 看護総合科学研究会誌, 19(2): 11-19
皮下注射前の皮膚消毒は,複数の先行研究により必要ないことが検証されているが,日本では標準的な手順として浸透している。そこで,本研究では,日本でなぜ皮下注射前の皮膚消毒が実施されているのかその背景を検討....

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学