HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers ( HUSCAP) contains peer-reviewed journal articles, proceedings, educational resources and any kind of scholarly works of Hokkaido University.

Dr. Nagai Tomoya: "Immunocytochemical assessment of cell differentiation of podoplanin-positive osteoblasts into osteocytes in murine bone"
This doctoral dissertation was originally withheld from publication, but it had been available on HUSCAP from March 2020 due to a mistake by Hokkaido University.
We have now withdrawn it from this site.
We sincerely apologize to everyone involved.


Latest Items in this Repository

Yokokawa, Kohei... [et al.] (2019) A new SOBP-formation method by superposing specially shaped Bragg curves formed by a mini-ridge filter for spot scanning in proton beam therapy. Physica medica : European journal of medical physics, 67: 70-76
Purpose: We propose a new spread-out Bragg peak (SOBP) formation method for low-energy regions of sp....
Fujii, Yoshiaki... [et al.] (2018) Tangent modulus method : An original method to measure in-situ rock stress. Tunnelling and Underground Space Technology, 82: 148-155
This paper proposed Tangent Modulus Method (TMM) which is an improved oriented core method to determ....
翁, 康健 (2020) 福建省出身の老華僑と新華僑の協力による神戸普度勝会の継承. 研究論集, 19: 293 (左)-311 (左)
在日華僑は,日本の「お盆」と似た「普度勝会」という中国民間信仰の宗教儀礼を行っている。普度勝会とは旧暦の7月15 日に行われる,祖先と無縁仏を祭る儀礼である。神戸普度勝会が最初に行われたのは1934 ....
李, 娜 (2020) 叙述タイプにおける時間的限定性 : 日本語の可能表現を中心として. 研究論集, 19: 271 (左)-281 (左)
本稿は,時間軸上における時間の限定性により叙述タイプを再設定することで,可能表現の意味用法や成立制約を考察したものである。日本語の可能表現は形式的な特徴や意味用法が主として研究されてきた。特に可能の意....
都, 賢娥 (2020) 日本語の対称詞における出現タイプと機能について. 研究論集, 19: 255 (左)-269 (左)
本研究は,日本語の会話参加者の聞き手を指す表現である対称詞が,発話や談話のどの位置(position)に現れるのかについて,出現タイプにおける機能の違いを検討し,さらに,その機能が対称詞の種類によって....
陳, 琁 (2020) 日中両国におけるW.H.オーデン受容の比較研究 : 日中戦争期を中心にする. 研究論集, 19: 213 (左)-231 (左)
W.H. オーデンは,日中の現代詩人に深く影響を及ぼした英語圏の詩人である。彼は日中戦争期に中国を訪問し,1930 年代最も重要な英語作品と言われるソネット連作「戦時にて」("In Time of W....
龔, 金浪 (2020) 侯孝賢『珈琲時光』論 : オマージュの視座から. 研究論集, 19: 189 (左)-212 (左)
『珈琲時光』は侯孝賢が2003 年に松竹株式会社からの招待を受け,映画監督小津安二郎の生誕100 年の記念作品として作られた日本映画である。記念作品という明確な目的があらかじめ規定されることによって,....
西岡, 沙都美 (2020) 岡本綺堂「人狼」論 : キリシタンとその信仰をめぐって. 研究論集, 19: 37 (右)-52 (右)
本論文は、岡本綺堂「人狼」における切支丹の諸相について明らかにするものである。フレデリック・マリヤットの「人狼」と岡本綺堂の「人狼」の差異を検討し、岡本の「人狼」においてはおいよが「マリヤ像」と重ねら....
古田, ゆかり (2020) 企業博物館の登場の背景に関する考察. 研究論集, 19: 139 (左)-155 (左)
企業博物館等施設には,母体企業が期待する公立博物館(以下,博物館)とは異なる機能がある。これまでの研究で,その機能には,企業史料の保存,社会教育・博物館・公共的役割のほか,PR・ブランド向上やブランデ....
番匠, 美玖 (2020) 「オイヌ様」は何故絶滅しなかったのか : 武蔵御嶽神社における実態調査を通しての一考察. 研究論集, 19: 107 (左)-137 (左)
本研究の目的は,武蔵御嶽神社の狼信仰に関わる人々が,武蔵御嶽神社で行われている狼信仰の対象であるオイヌ様と既に絶滅しているニホンオオカミとの関係を,どのようにとらえているのかを明らかにすることである。....

 

Hokkaido University